忍者ブログ

ブログ内検索

お知らせ

↓注意書きはこちら。
※注意書き・ほか

今月の投稿日

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カウンタ





Skyrim:雑記的なメモ(2016年)

2016年の雑記。



●08/28
ちょっと気になったMOD「Opening Scene Overhaul」を導入してみた。
これは収録されながら未使用となった元々のオープニングを復元したMODで、バニラのオープニングを置き換える模様。

ロキールって英語音声だと声低いんだなーとか思って見てたら、
ファッ!?

>帝国が勝利した暁には、ホールド(要塞)そのものがなくなってしまうから
え?

>ホールドだけでなく、その支配者、首長もだ。残るのは、帝国軍の兵士。それと、戒厳令だけだ
(;°д°)…

"元々の"オープニングでは、そうなる予定だったのか。
ストームクロークからバルグルーフとホワイトランを守っても、バルグルーフが首長でなくなってしまう…。
オープニングが変更されて良かった。この元々のオープニングはバランスが悪い。もしこのオープニングを採用するなら、ストームクロークルートでも同じ展開にならないとマズい。

※気づいたこと。
・ロキールの声が低い。ハドバルの声が高い。
・テュリウスとエレンウェンの台詞が聞き取りやすい。字幕も表示される。
・ヘルゲンの民間人の台詞が増えている。アルドゥインは皆が喋り終えるまで待っててくれる。
・砦に入ってから、跳ね橋のところまではウルフリックと一緒に行動できる。台詞もある。


●05/22
エルフが人間種族に対して有利なのは、寿命の長さ。一方でエルフは出生率が低い。だから、初めから負けてる状況でエルフに一矢報いたければ、そのアドバンテージが活かせなくなるフィールドで戦えばいい。
でもこういうのって長期的すぎる発想だなあ。それこそエルフの領域と言えそう。短い時間しか生きられない人間種族にとっては、行われていることの意味が実感できないほどの長さ。
Civ5で使いもしない戦車弓兵をケシクUGのために大量生産するようなもの。戦車弓兵の時代のシド星人は、何故戦車弓兵が大量生産されるのか全くわからないだろう。


※参考
『本物のバレンジア第二巻』
>エルフが神より授かった千年の寿命について考えるとき、人間はそういう顔をする。
>確かに、疫病やら暴力やらで命を落とすエルフも多いため、実際にそこまで生きられるものは少ないだろう。
>それでも、可能性はある。本当に、千年生きたというエルフの話もちらほら耳にする。
『本物のバレンジア第三巻』
>エルフの子はなかなか生まれません。エルフの女が4度以上妊娠することは極めて稀なのです。
>たいていは2人しか産みません。ひとりも産まないエルフもいます。


●05/15
白金協定には、タロス信仰の禁止以外にブレイズの解散も入っている。もし仮にデルフィンとエズバーンがスカイヘヴン聖堂でブレイズを復活させるなら、当然それは取り締まりの対象になる。
タロス信仰に関して、本来は自国領ゆえ帝国に履行義務があるはずだが、現状はサルモールが代わりに取り締まりを行っている。サルモールはこのために人材を投入せざるを得なくなった。ブレイズの場合はどうなるだろうか。

ストームクロークは帝国からの独立を目指している。ストームクロークが勝利し帝国に独立を承認させれば、スカイリムは白金協定の範囲外になり、タロス信仰もブレイズの存在も問題なくなる。この点ではストームクロークとブレイズは利害が一致する。

一方帝国軍が勝利した場合…。スカイリムは白金協定の影響範囲内に残るので、当然ながらブレイズの解散も継続となる。
その場合は、サルモールがスカイヘヴン聖堂を「ハンバーガー・ヒル」と呼ぶまでデルフィンに頑張って貰うか。

●05/08
地球の過去の歴史でもないタムリエルを、地球の現代日本の価値観で測ることにどんな意味があるのか。

------
タムリエルが現実の中世そのままでないことは、「トマト」や「ジャガイモ」の存在からもわかる。
(現代で当たり前の食材となったトマトやジャガイモは、元々は南米原産だった。それが大航海時代にコンキスタドールによってヨーロッパに持ち帰られ、栽培され始めるようになった。当然ながら、大航海時代は中世ではない。)

大航海時代といえば、タムリエルには遠洋航海の技術もあるようだ。なければアカヴィルまで遠征できないだろう。(逆も然り。第1紀には既にアカヴィルから侵略者が来ている。)
地球では16世紀に登場したガレオン船が、既にタムリエルには存在している点も見逃せない。

※『アビシアンの海賊王』に「ガレオン船」の文字がある。アビシアンの海賊王とは、TES5にも登場したヴェレーク・セインのこと。
UESPの「Lore:Velehk Sain」によれば、第2紀582年にヴェレーク・セインの存在が確認されている模様。つまり、第2紀582年のタムリエルには既にガレオン船が存在していたことになる。

※タムリエル-アカヴィル間の距離は、(私が入手した地図によれば)4200マイル=6759.245キロメートル。ポルトガル-キューバ間の距離は、約6800キロメートル。ほぼ同じくらいの距離。
(この地図はどうやらファンメイドらしい。だから、アカヴィルまでの距離が正確なものかはわからない。)

一応『イオニスの惨事』には、エスロニーのブラック港からアカヴィル南西のツァエシまで6週間かかったことが書かれている。ただ、エスロニー自体がタムリエルとアカヴィルの間の「どこかにある島」であることから、この本の情報だけでは正確な距離を割り出すのは難しいだろう。
速度も書かれていない。遠征を目的とした艦隊だから速度は相当遅いと想像はできるが。
(エスロニー:UESPの「Esroniet」。)
他に資料あるのかな。


●04/23
何にでも良い点と悪い点がある。ストームクロークにも帝国にも。ストームクロークの場合、他種族に対する扱いが悪い場合がある点がそうだ。ではストームクロークを選ぶ者は皆差別に賛成するのか?という疑問。そうは限らない。
それは、ウ○コ味のカレーとカレー味のウ○コの比較で、「まだ食品であるだけマシ」という理由で前者を選ぶとき、「ウ○コの味が好きだ」という証明にはならないのと一緒だ。

ストームクローク支持する奴は差別主義者~は、帝国支持する奴はConvention弱めたい奴~と同じ。不毛すぎる。


●03/XX
リーチ地方の話。
「先住民がいる土地は先住民に、後から来た入植者は出て行くべき」の論理ならば。
ノルドがリーチメンに土地を明け渡さなければならないのなら、シロディールのインペリアルも、ハンマーフェルのレッドガードも、同様に土地を元の住民に明け渡さなければならない。
全てのエルフ(マー)は消失したアルドメリスに、レッドガードは沈没したヨクーダに、レッドガード以外の全ての人間(マン)は居住不可能となったアトモーラに、それぞれ戻らなくてはならなくなる。
なお、元を辿ればアルゴニアン以外は皆エルノフェイ(アルゴニアンはヒスト)。意味があるのか?

コロンブス像のアレ(ポリコレ文化大革命)みたい。

●02/07
FO4EditでのMOD作成方法について、引き続き勉強中。
 
えーと、確かリストにない奴はVaultに入れないんだっけ?(錯乱)

…なのに、なのにだ!Steamで偶然、スカイリムがセールで75%OFFされてるのを見つけてしまった。全部入りで995円!?これは買うしかない。
箱版を経験済みなので、バニラのスカイリムに興味はもうない。あるのは、PC版でしかできないこと。

------------
メモ。
TES4(CS版)→TES5(CS版、発売日に購入)→TES5から離れる(2013年)→TES3(PC版)→TES5(PC版、2016年2月に購入)



PR