忍者ブログ

ブログ内検索

プロフィール

↓お願いや注意事項はこちら。
※プロフィール詳細

今月の投稿日

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カウンタ





Civ5:VP(旧CBP)の創造主に挑戦 その1

今回はプレイレポ形式で。アメリカで文化勝利を目指す。

・難易度:創造主
・VPバージョン:1.7.1
・マップ:パンゲア(普)
・その他:伝説的な開始場所


PR

続きを読む。

Skyrim:PC版で帝国軍ルート

ストームクロークルートは一通り終わったので、今回はCS版での初期のプレイ以来となる帝国ルートを選ぶ。
バルグルーフ首長に仕え、彼と彼の領地でもあり自宅もあるホワイトランを防衛したら、リッケ特使に目を付けられて入隊する羽目になったとかそんな感じで。
「皇帝ばんざ~い(適当) 帝国ばんざ~い(適当)」


せっかくなので、DLしたまま導入していなかった帝国軍装備リプレイスMOD「Perfect Legionnaire」を導入。
装備だけで選ぶなら絶対帝国軍!と言えるほどかっこよくなる。nexusに載ってる、スクトゥムを構えたフルフェイスの帝国兵が向かってくるSSがかっこよすぎる。


主人公にも着せてみた。

※ホスさんに斬りかかろうとしているわけではありません。


こちらは普段の装備。



武器は「The Godswords of Gielinor (Runescape)」。
防具は「Dragonbone Barbarian Armors」。
マントは「Colorful Magic」のトールから取得できる物。

どの装備もかっこよくて大好き。


(※当記事には個人的な解釈が含まれます。ロールプレイングを楽しむために書かれたものです。)


続きを読む。

Skyrim:雑記的なメモ③

またしても長くなったので。


続きを読む。

SIMS4:こたつ

ずっと気になっていた某こたつCCを導入。

あーこの感じ。いいな。
ついでなので、某所の情報を参考にして土台を下げてみた。ピットリビングというらしい。
壁で仕切られていないのに、一段下げただけで別の空間になってしまう。面白い。

家は某動画サイトで紹介されていたものをDLして(アレンジして)使ってます。前回も書いたけど一応。
ひとつのものに少しずつ手を入れて長く使っていくのが好きなので、この家は多分ずっと使い続けると思う。いい家だと思う。


かわいい。


こたつはダイニングテーブル扱いらしいので、元からあったダイニングテーブルは売却。

空いたスペースにソファや机、イーゼルを置いてみた。
描いてる絵までかわいい。かわいいシムがかわいい絵ばかり描いてて、ますますかわいく思えてしまう。(こたつのSSに映っている壁の絵は、このシムが描いたもの。)
どうでもいいけど、家の中でハイヒールは変だな。あとで負担の少なそうな靴に変えておこう。

Civ5:VP(旧CBP)の皇帝(難易度)に挑戦 その1

噂のVP(旧CBP)に手を出してみた。
通常は不死者で様子見をしてから創造主に挑戦するところだが、このMODはとても難しいらしいので、最初は皇帝レベルをプレイしてみようと思う。
civ5は、事前に何も調べずにテクノロジーツリーや社会制度と睨めっこしながら手探りで進めていくのが楽しいので、VPではそういう感じでいく。


・使用文明:ローマ
・AI文明:ランダム。結果は、ペルシャ、スペイン、ズールー、フランス、ポルトガル、モンゴル、ビザンティン、エジプト、バビロニア。
・マップ:パンゲア(大きい)
・VPバージョン:1.7.1
・その他:伝説的な開始場所

ローマのUAには、バニラのものに加えて、画像にある2点が追加される。

このうち後者は、社会制度「権威」の「貢物」(効果は下の画像参照)と相性が良く、この「貢物」は、社会制度「伝統」の「統治」(国境の拡張速度+20%)と相性が良い。
ローマを選択する際は、両方を取得すると良いだろう。



序盤は、バニラやSPMODに比べると内政面がかなりシビア。財政が厳しすぎる。
太古のうちはまず「交易」を研究して市場を建て、専門家を配置してゴールドの産出量を増やす必要がある。
ゴールドが無ければ建造物とユニットの維持費を賄えず、それは国力の伸び、改善、軍備に影響を及ぼす。ということでゴールド産出量の改善は何より優先度が高い。「筆記」はその後でいいようだ。

幸福度はタイルの改善、輸入では+1しかされないため、建造物か社会制度で賄うことになる。都市の不満は、以下の通り。
・貧しい(ゴールドの産出量による。建造物を作るか、専門家を配置)
・退屈(文化力産出量による。倦怠を軽減する建造物を作る。)
・危険(犯罪による。兵舎や防壁、警察庁を作る。)
・分断(道路や鉄道が首都と繋がっていない。道路を繋げるか、灯台を作る。)
・信徒が必要(都市に占める信徒の数が不足している。布教するか、自然な増加を待つ。)

「貧しい」はゴールド系の建造物、「危険」は兵舎や武器庫などの建造物といったように、それぞれの不満には対応する建造物があり、それを建てることで不満が解消されていく仕組み。
なお、バニラやSPMODとは違い、建造物に対してゴールドを使っただけでは、建造物が都市に追加されない。建造物に対するゴールドの投資は、建造完了までのターンを縮める効果しかない。つまり、建造物をゴールドを使って都市に追加したければ、ゴールドを投資した後にその建造物にハンマーをつぎ込む必要がある。



●その他、気づいたこと。
・特定の幸福資源、戦略資源のうち、全資源の半分を領土に収めて改善すると「独占」したことになり、その幸福資源の産出量アップ、黄金時代の延長などの効果がつく。
(例:柑橘類ならば、独占すると食料+3。これにより柑橘類タイルの食料が6~7に変わる。これは大きい。)
・農場を隣接させると食料産出量にボーナス。ポリネシアのモアイと同じ増え方。
・幸福資源の取引額は、態度によってかなり変動する?50G/6Tで売れたと思いきや、後で売ると50G/16Tになったりする。
・戦争に勝つと観光力ボーナス。大差をつけて勝った場合は、負けた文明が従属国になり、勝った文明は相手の税率を操作できるようになる。従属国は勝った文明がどこかと戦争に突入すると、強制的にその相手に宣戦させられてしまう。(うまく使えば、新たな戦争相手に滅亡ペナルティを与えられる。)
・大科学者は溜めて使う場合、一気に纏めて使わないと効果が薄い。(一人の場合、原子力時代の技術は4ターン程しか進まない。)
・後半になるに従ってAIの脅威度が上がる。できるだけ早めに攻略していくこと。
(領土面積が広くなった戦争屋が、バビロニア等の内政文明に先んじて次の時代に入ることもある。)
・初期の隊商の到達距離はかなり短い。6タイル以内?
(うっかり遠くに都市出しをすると、隊商宿を建設して到達距離を伸ばすまでは都市間で食料を送れないという、致命的な問題が発生する。)
・大商人は都市国家領内で使用することで、大量のゴールドを獲得でき、国王感謝祭が開催される。
(宗教の「神権政治」と相性が良い。「神権政治」の効果は、国王感謝祭の開催中に、信仰+15%、科学+15%、ゴールド+15%、文化+15%。)
・戦士のUG先は槍兵であり、槍兵のUG先は剣士ではなく長槍兵になっている。
(古典時代にAIから戦争を仕掛けられる可能性のある難易度では、「鉄器」の研究を早めること。)
・スパイは技術だけを盗まない。ゴールドを盗んでいくこともあれば、建造物・遺産の生産を妨害、偉人ポイントを削ってくることもある。
(生産妨害と偉人ポイント削りは、宗教建築物の「マンディール」で防げる。)

画像は大科学者の誕生の直前、スパイによって大科学者ポイントを407も削られた時のもの。
・死の灰があるタイルにユニットが進入すると、そのユニットはターンごとにダメージを負う。


!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
注意。この記事にはウランで生産できる某爆弾が出てきます。
今回のプレイでは、勝利条件を達成するために、この爆弾を惜しみなく使用しています。
Civ5はゲームであり、現実の話ではありませんが、この爆弾・エネルギーに関して拒否感のある方は閲覧しないことをお勧め致します。
この注意書きを無視して閲覧された結果、気分を害されましても、責任は負いかねます。
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


続きを読む。