忍者ブログ

ブログ内検索

プロフィール

↓お願いや注意事項はこちら。
※プロフィール詳細

今月の投稿日

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カウンタ





Skyrim:調べたことのメモ

2016年始にPC版購入してロアに興味を持ってから調べてる最中のメモ。
CS版の時は、ゲーム内のことくらいしか興味持ってなかった。
不正確な解釈があるかもしれない。興味を持ったのが遅いので、他所に比べて遅れてるかもしれない。でも、自分で調べる楽しみを失いたくない。
6/17の記事が長くなりすぎたので分離させたもの。いつものことだが自分用。
※あまりにも機械翻訳風味でいろいろアレなのでちょっとずつ直していく予定。

内容。
①存在がわかっている塔の名前と場所、石の名前について調べたメモ。
②塔に関する資料、「Nu-Mantia Intercept, Letter #5」の個人的な訳。
③石に関する資料、「Nu-Mantia Intercept, Letter #7」の個人的な訳。
④「Nu-Mantia Intercept」に関する記述、「Facts and Opinions from the Nu-Hatta Intercept」の個人的な訳。
⑤疑問:世界の喉の石は一体何だったのか?(答えはわからない)




(※当記事には個人的な解釈が含まれます。)


PR

続きを読む。

SIMS4:カルペッパー・アパートメントのご近所さん

ある理由でご近所さんシムを増やしたいなと思って、男1人・女2人の世帯を追加。ラソヤさん家はすごく良心的な世帯だからね。

さっそく交流だ!と思って挨拶させてたら、ラソヤさん家からも出て来て廊下の人口密度がすごい。
ラーさんといい、ラソヤさん家は交流する切欠が欲しい友好的な人ばかりで好感度高いなァ。
ご近所さんを増やしたのはそれが理由。昼夜問わずドンチャン騒がれて「うっせーぞ!」って壁ドン(本来の用法)したいのに、ラソヤさん家は静かだし友好的すぎるしで…。


続きを読む。

Skyrim:うちのドヴァキンのうち2人

またしてもキャラメイク難航中。とりあえずこんな感じで。

理想形にぴったり一致したわけではないけども、まあ(個人的には)いいんじゃないかと。
頂点編集?(∩゚д゚)アーアーキコエナイ

他の星から来た冒険者ってことで。
なぁに、某第5紀から来た○○にも「we come from another star」こんなこと書いてあるし大丈夫だろ(超適当)
※ただし、その星や移動手段がSFのそれと同じとは限らない。
※定命の領域はニルンだk…(∩゚д゚)アーアーキコエナーイ


ってこれ、検索したら日本語の訳文載せてるサイトあるのね。しかも2012年って。原文見ながらどんな意味なのか考えてた時間が無駄じゃないか。
でも助かった。これに関しては(も)全然意味わからなかったから。まあ、わからないことが多すぎて訳文を読んでも言ってることが理解できないんだが。
Landfallを回避するにはLoveが重要ってことくらい。これを理解するには出てくる用語を理解することから始めないといけない雰囲気。ヴィベクの36の説教の35番目の意味なんなのこれ。これもどこかに訳文があるんだろうか。

※原文は「TES」+「we come from another star」とくっつけて検索すると出てくる。

続きを読む。

Civ5:VP+TESCiv5Packの創造主に挑戦 第二回

文化勝利を設定で禁止して科学勝利を狙う。

・使用文明:アステカ
・難易度:創造主
・VPのバージョン:1.12.14
・TESCiv5Packのバージョン:1.0
・マップ:Communitas(大)
・その他:伝説的な開始場所、イベントあり(有害イベントなし)


プレイレポを書く気力がなくなったので、SSだけ貼っておく。
プレイ時期は12月か1月のどっちかだったと思う。


※メモ。
最初の頃、VPは内政ゲーと聞いていたが、実際は戦争ゲーだった。
「権威」の社会制度が強くてほぼ必須なのが選択肢を狭めている印象。

序盤の「権威」の有用性を考えれば太古や古典時代に戦争しない選択肢はなく、都市数は少ないよりも多いほうが有利なので、拡張が欠かせない。
しかし入植可能でかつ高い出力が見込める土地は限られているから、太古~古典に育てた軍事ユニットに新規生産分を加えて、周囲のAIの首都や首都級の都市を占領していくことになる。

結局、(制覇勝利はもちろん)文化勝利にしても科学勝利にしても外交勝利にしても、戦争が欠かせない。非戦なんてもはや罰ゲームのレベル。


続きを読む。

Skyrim:雑記的なメモ④

雑記。


続きを読む。