忍者ブログ

ブログ内検索

お知らせ

↓注意書きはこちら。
※注意書き・ほか

今月の投稿日

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンタ





Skyrim:雑記的なメモ(2017年 ②)

雑記的なメモ(2017年 その2)






●08/27
個人的に「義賊」が好きになれない。
貧乏人から盗むのはご法度だがそれ以外からなら構わないという、「強きをくじき弱きを助ける」の乱用。実際は正義でも何でもない、ただの犯罪。これを正当なものとして認めてしまうと、秩序が崩壊し、私刑が横行する。タチが悪いのは、ただの犯罪行為を民衆が支持すること。民衆が秩序の崩壊を間接的に後押ししていること。

良い暴力と悪い暴力、良い差別と悪い差別の区別が無いように、良い盗難と悪い盗難も無い。暴力は暴力であり、差別は差別であり、盗難は盗難である。「暴力をふるっている人間相手なら暴力をふるっていい」、「差別思想の持ち主相手なら差別していい」、「金持ち・権力者からなら盗んでいい」は全部同種で誤り。(最初のは正当防衛のケース除く。)

『必殺仕置人』にはこんな台詞がある。「向こうが悪なら俺たちはその上をゆく悪にならなきゃいけねぇ。俺たちゃ悪よ。悪で無頼よ。なぁ鉄…磔にされてもしょうがねぇくらいだ」。義賊を名乗るならこのくらいでないと。(それでも好きにはなれないだろうけど。)

と書いたが、これ、もしかしたら現代的な感覚なのかも?現代日本は法治国家だし(法治国家で私刑はNG)、中世や近世には平民が権力者に合法的にNOを突きつける手段ないし(ないよね?)。

●08/17
新聞を読まない人は情報を知らない。新聞を読む人は正しい情報を知らない。
―――マーク・トウェイン

最近気になってDLしたMODの中に「Imperial Post」がある。(MODの制作者様、翻訳者様に感謝を。)
勢力ごとのプロパガンダ言うからもうちょっとエゲツナイものを想像してたが、案外普通の内容だった。

ところで、この中に、「ドラゴンボーンはショールの化身」という一節がある。
これ、ゲーム中で書いたとされている人物はどんな人物なのか。

特に知識の無い人間が「太陽が地球の周りをまわるのではなく地球が太陽の周りをまわってるんだよ!」と言うのと、コペルニクスが理論的に説明するのが全然違うように、ショールの化身についても同じことが言える。
根拠を示さず「ドラゴンボーンはショールの化身」と言うのと、ロア知識を元に作られたNPCが「シェザリンはロルカーン(ショール)のオーバーソウル(Oversoul)から分かれた分身/化身であり、ドヴァーキンはシェザリンなのだ」と言うのは全く異なる。

そういえば、初めてぺリナル・ホワイトスレークを目にしたノルド達は、ぺリナルを指して「ショールの再来」と恐れ慄いたそうだ。
当時のノルドがシェザリンの存在を承知で、ぺリナルがそうであると確信を持ってそう呼んだのかは不明だが、ぺリナル・ホワイトストレークはUESPのシェザリンのページに名前が出てくru、なんだ急に口の中に蛾がんごごご
(参考:『ぺリナルの歌 第4巻』、『ぺリナルの歌 第5巻』、UESPの「Lore:Shezarrine」)

●08/13
「Interesting NPCs」、開始条件が複雑なメインクエをようやく開始。(MODの制作者様、翻訳者様に感謝を。)
クエストギバーNPCは、(クエストの)結末が支払った代金の価値に満たなければ全額返金すると言う。胡散臭い通販番組みたいなことを言うね。

指定された場所にいたNPCはムートの話をしていた。曰く、ストームクロークでも帝国でもない、第三の選択肢のために手助けしてほしいと。
そういう話を聞くと、自然と、では担ぐに値する何かがあるのかという話になる。マルカルス事件以降実績を積み重ねて来たウルフリック、帝国の強力な後ろ盾のあるエリシフに対して、依頼主が提示してきた強みとは…!

_人人人人_
> 血筋 <
 ̄Y^Y^Y ̄

…なるほどなるほど。これアレだな?『マウントアンドブレード』で各国に1人ずついる王位請求者みたいなアレだな?
多正面作戦が日常のハルラウスに見切りをつけてイソラに乗り換えたはいいが、イソラがハルラウスの同類と判明して絶望する道は、誰もが通る道。
それがわかるのがイソラ即位後というのが最高。そしてどこの王位請求者も同じだという絶望。
じゃけんRtRゼロで建国しましょうね~。

あまり気乗りはしないが、クーレケインに忠実だったタロスの如く、協力してみようじゃないの。

●08/06
「Interesting NPCs」を導入。
MODの制作者様、翻訳者様に感謝を。

とりあえず、ルマーリンが人気らしいので連れ歩いてみている。

今迄に出会ったNPCの中で特に印象的だったのは、リバーウッドに滞在中のゴールさん。
闘技場における人と獣の違いの話とか、英雄は必ず勝つが~のくだりとか好き。声も好き。精悍な顔も。見た目と料理好きな所とのギャップも。
ゴールさんの鍛え上げられた逞しい腕を見ていたいので、連れて行く時は装備はデフォルトの鉄の鎧のまま。

ヒョロミールもちょっと気になってる。TES4のタマネギみたいな感じだろうか?
レベル低い時に一緒に巨人に喧嘩売って、一緒にホームランされたい。サーベルキャットに追い回されたい。冒険に憧れる一般人プレイ(何を間違ったかドラゴンボーンに覚醒してしまうものの、弱いまま)も面白いかも知れない。

アマング・ヒストやアヌ村さんも好き。
ただ、非常に残念なことに、私はアルゴニアンやカジートの顔を見分けることができない。だから顔がすぐ思い出せるマンやマーのフォロワーと違って、どうもこう、愛着が…。


フォロワーにならないNPCでは、ウィンドヘルム繋がりでモヴィア・フラールさんとか。

ニラナイの例を見るに、情でなく実利に訴えるのは恐らく正しい。
まあ、ウィンドヘルムでなく、ダンマーの多いリフテンや交易の盛んなホワイトランに移住したほうが手っ取り早い気はするが。親帝国派の大家では、ストームクローク本拠地のウィンドヘルムで何かを成し遂げるのは難しいだろう。

他に気になったのは、ファルクリースの鍛冶屋のイゾベルさんとか、元グレイビアードのザーラックさんとか、リフテンにいるボズマーのペラゴルンさんとか。

イゾベルさんは「武器・防具、一人じゃない」という話、ザーラックさんは「絶対的な信条を安易に選ぶのは、もっと重要な責務を放棄する道だ」という台詞、ペラゴルンさんは「自分でキャベツの収穫ができないのに、ノルドが育てたキャベツは食べてもいいんですか?」という台詞。


こちらはハーフィンガルの山中にて。

おっ?(°∀°)
これは…。これはロアなクエストだやったー。
インペリアルライブラリの「What appears to be an Altmeri commentary on Talos」っぽい。


「時間を縛る者、タロス」と書くとMtGっぽい。
アリルウェンさんのこと、ここにタロス信者を集めて一網打尽にする気か?と疑ってしまった。まさかタロスを信仰するアルトマーがいるなんて…。

●07/27
前から気になっていた上級王になれるMODを導入しようとしたら、個人的必須MODと競合することが判明して…。一週間くらいかけて設定練ってキャラメイクも済ませたのに。パーじゃないか。
事前に確認しておけば…。

悲しみのネッチ殴り(ペチペチ


使おうと思っていた魔法。
※黒檀の鎖帷子のエフェクト+カラフルマジックの魔法「鮮血の結界」。



完全に悪役です、本当にあり(略

※MODで追加されたNPCに魔法の効果が及んでしまったので、念のために名前とNPCを隠しておいた。魔法を使った結果として巻きこんでしまったのであり、そのNPCを攻撃しようとしたわけではないことを明記しておきたい。
いや、まあ、ドラゴンズリーチで範囲魔法ぶっ放す時点でNPC巻きこむのは自明の理なんだけども。

●07/17:TESの世界は本当に中世か
過去をモデルとした作品の描写を現代的価値観をもって断罪することの愚かさは知っている。現代的価値観で過去を断罪する愚かしさは、社会人のビジネスマナーができない小学生を指して、こいつは社会人として相応しくないと言うようなもの。
また、現代的価値観に基づいてTES5内の登場人物・組織を断罪するのが「適切」なら、現代には「民族自決」があるのに各地方の独立を認めない帝国への断罪も適切になってしまう。現代的価値観って人権だけじゃないからね。
→TESの世界はいつ頃なのか?


ぶっ飛び過ぎているドゥーマーは抜く。ドゥーマーは文明としては消滅しているのが救い。こいつが残っていると色々と面倒臭くなる。魔法の存在も抜く。

古代ローマ(古代)を参考とした帝国に「ガレオン船」や「ジャガイモ」、「トマト」がある。タムリエルから4200マイル離れているアカヴィルに渡る航行技術が存在している。※1
参考にされた時代と違うのはテクノロジーやモノの面だけではない。古代ローマには奴隷制があったが、TESの帝国では奴隷制が禁止されている。※2
決闘裁判としての決闘制度は、第3紀399年においては、「時代遅れな法」と見做されている(しかし有効ではある)。現実世界で決闘裁判が廃れたのは15世紀。※3

どうも現実世界からみるとその時代より進んでいる印象を受ける。しかし現実の近世とは違い、宗教改革も無ければ絶対王政も無さそうだ。中世と近世が混ざった印象を受けるが…。


※1
ガレオン船が登場したのは大航海時代に入ってから。ジャガイモとトマトは中南米原産。大航海時代を通じてヨーロッパに持ち込まれてから栽培が始まった。
上の文ではTES4を思い出して書いたが、UESPによれば、TESOの時代(第2紀582年)の時点で、ガレオン船も、ジャガイモ、トマトも存在しているらしい。
距離はユーザーメイドの世界地図による。4200マイルはポルトガルからキューバくらいの距離。

※2
モロウィンドには奴隷制があるが、これは帝国とモロウィンド間で結ばれた休戦条約による。(UESPの「Lore:Armistice」参照。)

※3
『オルシニウム陥落』より。
「複数の請求者に同等の所有権があるとされ、膠着状態になったときは、決闘で勝負をつけよと法はうたっております。なんとも時代遅れな法かもしれませんが、繰り返し検分してみたところ、現在においても有効とされるのです。帝都評議会のお墨つきで」。

●07/08:「The Amazing World of Bikini Armor」を導入


こういった、組み合わせを楽しめる装備MOD好き。
MODの制作者様に感謝を。


最終的にこの組み合わせにした。キャラメイクもし直し。顔はまだ決定じゃない。


細身ながらしっかり筋肉ついてるキャラが重い武器を振りまわしてる姿が好き。
○振りまわしてる姿
×振りまわされてる姿


●05/07
ロアは楽しい。
ロアの話は有意義。ロアモンガー、ロアが存在しない派、全部ロアだよ派を見分けるフィルターの役割を果たしてくれる。

ロアモンガーの存在は知っていたが、あと2つは知らなかった。
ロアが存在しないって、文字通りの無でしょう?ロアが無いなら、ドヴァーキンもシェオゴラスもシシスでさえも存在しないことになっちゃう。

一番最後のは、「楽しみ方は人それぞれ」が何故か「何でもロア」にすり替わっている?楽しみ方の問題と区分としてのロア問題がごっちゃになってるのかな。
楽しみ方としてはそれはたぶん自由だろう。法や規約などルール的なものに反しない限りは。

しかし区分として論理として「幅が広い」は「すべて」と必ずしも一致しない。公式で言及されてるものはロアと言えるかもしれない。言及されてないものはグレー(わからない)じゃないか?というのが私の個人的な認識。
---------------
TESの世界観は何でもアリか?そうは思わない。

例えば、前回のラグビー世界大会の時に一時話題になった、日本代表の外国人選手の多さ。
他のスポーツから見てそれがありえないことだと映ったとしても、他のスポーツにそれぞれ別のルールがあるのと同様にラグビーにはラグビーのルールがあるだけで、何もおかしいことはない。
自分の常識や理解の範囲をちょっと超えてるからって、何でもアリだと飛躍させるのは、違う気がするね。
ラグビーはラグビー、他は他、それぞれ別のスポーツ。TESはTES、他の作品は他の作品、それぞれ別の世界観。

楽しみ方の問題(自由)と区分の問題は別に考えねば。

-------------
「膝に矢」の意味は何か?とかね。
説はいろいろあるらしい。文字通り膝に物理的に矢を受けて引退したとか、結婚の比喩だとか。

こういった想像の是非。
想像することも、何かの意味だと主張することも自由。でも、例えばwikipediaにでも書けば、論拠を求められるか独自研究を疑われる。事実として認めて貰う際に証拠が必要なのは当たり前。

明確な根拠がないから違うと言われることは、事実か否かの区分の問題であって、想像や主張の自由を否定されてるわけじゃない。逆も一緒。


内戦クエストの話とかについて考えてると、「Fork of Horripilation」を有難がるシェオゴラス信者と同じなんじゃないかと思うことがある。
そしてだんだん公式が偉大なるデイドラの王に見えてくる。(プレイヤーはデイドラに振り回される定命の者?)
でも好きだから仕方ないね。もっと知りたい。知ることはそれ自体が楽しい。



何故、ロアに興味があるというだけで、ロアモンガーを疑われなければならないのか?
仮にその人がロアモンガーに苦しめられていたとしても、ロアモンガーかどうか判明してない他人をロアモンガー呼ばわりすることに正当性などあるものか。
PR