忍者ブログ

ブログ内検索

お知らせ

↓注意書きはこちら。
※注意書き・ほか

今月の投稿日

06 2018/07 08
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


Skyrim長文:メインクエ「終わりなき季節」でウルフリックが領土の話をすることについて

テュリウス将軍には領土の話をする気はなかったが、ウルフリック首長が要求してきたからテュリウス将軍はそれに応じただけだ、という主張に対して。

領土の話は、ホワイトランをストームクローク・帝国のどちらが抑えているかによって切り出す人物が変わる
内戦にノータッチの場合はホワイトランは帝国側に区分されるので、ウルフリック首長から要求を始めるが、ホワイトランがストームクロークの支配下にある場合はテュリウス将軍が先に要求する。
要するに、スカイリムにおける勢力範囲が小さい勢力が先に領土の話をする




※参考動画
上記の内容を確認するためだけにプレイしたくないという人のために、証拠が映っている動画を紹介したい。
06:32でアーンゲール師が「どちらから始める?」という旨のことを話す。
06:34からテュリウス将軍の発言が始まり、リフテンを要求している。
(この動画ではバルグルーフ首長が出席せず、代わりに主人公の右横にヴィグナー首長が座っている=ホワイトランがストームクロークの支配下にある証拠。)


ついでなので画像も(PC版購入後)。


続き。発言者と単語が入れ替わっているだけで、台詞はどちらの勢力もだいたい同じ。

主人公やグレイビアードに立場があるように、ウルフリック首長やテュリウス将軍にもそれぞれ異なった立場があり、それに基づいて発言しているだけのこと。それぞれの立場に立って発言することは特に珍しい話ではなく、それ自体は批判されるべき話ではない。


※その他。
・ホワイトランがストームクローク側の場合、先に退室するのは帝国軍側NPCとなる。


・偏った決定をすると不利な側はどちらも「公平ではない」という趣旨の発言をするが、別に公平にしても何かメリットがあるわけではなく、むしろ全力で偏らせると有利な側から報酬が貰えるという始末。(無所属の場合はどうなるか忘れた。)
「公平ではない」発言は、(なぜか決定権を持つ)主人公から有利な条件を引き出すための方便と見るべきか。「ドラゴンボーンの名声を信じたのに」という趣旨の発言も恐らく同様。そうやって主人公(≒プレイヤー)を揺さぶる。



◆おまけ1
※以下の文は消さずに残しておく。吐き出してすっきりしたい面もある。

CS版プレイ時、「然るべき場所」で、この類の「誰にでもわかる簡単な事実に関する話」(考察など個人の考えが反映されないレベルのもの。)をした時、人格否定や、ゲーム内容と全く関係のないレッテル貼りをされた。
ゲーム内のあらゆる要素は楽しむための材料。それぞれの解釈を話しあったりするのはいいかもしれないが、はっきりとした正解が用意されていない以上、異なった立場のプレイヤー同士が罵りあうのは無意味だ。
これはあくまで過去の話であり、現在も同じ結果になるとは限らない。しかし、某MODのおかげで取り戻すことができたスカイリムへの興味をもう失いたくはない。

今、PC版プレイ時は、時間が経ったからかもしれないが、この経験に感謝できている部分もある。この経験が無ければ、こうしてスカイリムに関する記事を書くことは無かっただろうから。


【経緯】
どちらかといえば帝国ルートを選ぶことが多かった→周りが帝国寄りばかりでバランスが悪いと感じたことから、ストームクローク寄りの内容を書く。→所謂"帝国派"と呼ばれる人たちから、人格否定やレッテル貼りをされる→うんざりして、スカイリムをプレイする気力が減退。
2013年以降、2016年にPC版を購入するまで、スカイリムの文字や画像を見るだけで嫌な気分になっていた。


◆おまけ2
そういえば、(この件とは直接的には関係ないが一連のやりとりの中で)「差別」に関する考え方を話したこともあった。
私が接した人間の多くは、差別を行っている人間を差別することは悪いことではないという考えだったようだ。私はそれに違和感を覚え、「差別は誤りだが、差別を行っている人間を差別するのも誤りである。それはどちらも同じく差別だからだ」と主張した。
「差別していい(と思った)理由があるなら差別しても問題ない」の論理は差別主義者のそれと同じ。差別は差別でしかなく、良い差別と悪い差別の区別はない。

これにも人格否定が飛んできた。また、こうも言われた。「お前は差別主義者だ」と。
差別を批判すると差別主義者扱いになるの、わけわからんね。
PR