忍者ブログ

ブログ内検索

プロフィール

↓お願いや注意事項はこちら。
※プロフィール詳細

今月の投稿日

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カウンタ





Skyrim:調べたことのメモ

2016年始にPC版購入してロアに興味を持ってから調べてる最中のメモ。
CS版の時は、ゲーム内のことくらいしか興味持ってなかった。
不正確な解釈があるかもしれない。興味を持ったのが遅いので、他所に比べて遅れてるかもしれない。でも、自分で調べる楽しみを失いたくない。
6/17の記事が長くなりすぎたので分離させたもの。いつものことだが自分用。

内容。
①存在がわかっている塔の名前と場所、石の名前について調べたメモ。
②塔に関する資料、「Nu-Mantia Intercept, Letter #5」の個人的な訳。
③石に関する資料、「Nu-Mantia Intercept, Letter #7」の個人的な訳。
④「Nu-Mantia Intercept」に関する記述、「Facts and Opinions from the Nu-Hatta Intercept」の個人的な訳。
⑤疑問:世界の喉の石は一体何だったのか?(答えはわからない)


(※当記事には個人的な解釈が含まれます。)



●存在がわかっている塔
1Ada-Mantia
 (ハイロックにある。石はZero Stone。稼働中。)
2真鍮の塔
 (ヌミディウム。TES2に登場。石はロルカーンの心臓、又はシェザリンの魂入りマンテラ?停止。)
3赤い塔
 (レッドマウンテンのこと。TES3に登場。石はロルカーンの心臓。メインクエで石を喪失。停止。)
4白い塔
 (白金の塔のこと。TES4に登場。石はChim-el-Adabal、王者のアミュレットに嵌ってたアレ。メインクエで石を喪失。停止。)
5雪の塔
 (世界の喉のこと。TES5に登場。石は洞窟らしい。停止? ※1)
6Crystal-Like-Law
 (サマーセット島にある。石は人らしい。オブリビオンの動乱期に塔が破壊される。停止。)
7Orichalc
 (ヨクーダにあったらしい。石は剣らしい。ヨクーダ自体が沈んでるので停止?)
8Green-Sap
 (ヴァレンウッドにあるらしい。未プレイゆえ未確認だがTESOに登場したらしい。ファリネスティ説あり。石は果実らしい。停止?)

計8つ。また「8」。TES世界で重要な数字「8」。
この8つの塔のうち殆どが停止してる。確実に残ってるのはAda-Mantiaだけ?

TES6の舞台はどこなんだろう。TES2以降、塔のある地方が舞台になり続けてるので、次回も塔のある地方になるんだろうか。


※1
『ドラゴンボーンの書』には「雪の塔が崩壊(the Snow Tower lies sundered,)」とある。
時系列的には塔の崩壊はアルドゥインの帰還前になるはずなので、プレイヤーは崩壊シーンを見ることはできないか。でもそんな現象あったっけ?


※参考資料。
・塔やthe Wheelについて。
UESPの「The Towers」、インペリアルライブラリの「Nu-Mantia Intercept」、「Vehk's Teaching」、ゲーム内書籍『ドラゴンボーンの書』、『高まる脅威』シリーズ、『人類の誕生以前』。
『ドラゴンボーンの書』では、「the Wheel」が「運命の紡ぎ車」と訳されている。
・塔の石について。
インペリアルライブラリの「Michael Kirkbride - IRC Q&A Sessions」。


●「Nu-Mantia Intercept, Letter #5」の個人的な訳(直訳、正確さは不明)
塔とは何か?

それらは、Ur-Tower、Ada-mantia(※1)の魔法的で物理的なエコーです。Ada-mantiaは、Dawnにおいて、Zero Stoneとも呼ばれていた、疑う余地のない本当の最初の棘でした。 Ada-mantiaの力は、この石を通して創造の広がりとその中の部分を定めることができました。

その力はまた、赤い塔とFirst Stone(※2)を作りました。これは神の完全な存在なしにムンダスが存在することを可能にしました。このようにして、Ada-mantiaの力はムンダスに特別な種類の神性を付与しました。可変的な運命の結果であるニルンと呼ばれています。

一般にConvention(※3)と呼ばれる、これら2つの行為の後、神々は地上を去りました。

彼らは、Conventionの後の時代において、彼らが見たものを模倣することを熱望している劣った精霊の中で最も強力だったので、アルドマーは彼ら自身の塔の建設を始めました。
彼らが一つより多い塔を建てたということは、彼らが一致していたのではないことを示しています。

アルドマーは、創造とその中の部分を広める最適な方法について、文化的な境界に沿って(※4)分裂し始めました。建てられたそれぞれの塔は別々の一致を例示しました。

この目的の分離は、「アルドメリスの崩壊」(※5)の神話です。Dawn(※6)を除けば、そしてdreamtime of its landscapeでさえ、エルフの地上の祖国は存在しませんでした。「オールドエルノフェイ」は、Dawnの混在した思い出の魔法的な理想です。

書かれた歴史を信じてはなりません。

全ての定命の生命は、Dawnの美、タムリエルの星のような心で始まりました(?)。

※なぜ古代アルドメリ神学上の塔の意味について教えを受けてるのかわからないオカート議長のやりとりは省略。


【補足など】
この手紙はオブリビオンの動乱より前のものらしい。

※1
Ada-mantia:アダマンチンの塔、ディレニの塔。

※2
赤い塔:レッドマウンテン。ロルカーンの心臓をシュゥゥゥーッ!!超!エキサイティン!!して出来た火山。
First Stone:ロルカーンの心臓。

※3
Convention:タロスが強化してるアレか?

※4
文化的な境界(along cultural lines):文化的差異のこと。

※5
アルドメリス:アルドメリス大陸とその住人(アルドマー)の両方を指す言葉。 その土地はオールドエルノフェイとしても知られていた。

※6
Dawn:Dawn Era、夜明けの時代のこと?

●「Nu-Mantia Intercept, Letter #7」の個人的な訳(直訳、正確さは不明)
石とは何か?

石はZero Stoneの魔法的で物理的なエコーです。それにより塔はそのエネルギーを創造を形作ることに集中させるのかもしれません。
しばしば、石はオブリビオンから余剰の創造を借りて、それを塗られた塔の地上の領域に移植しました。

オブリビオンを迂回して、創造の源であるエセリウスに直接行くことは困難でした。それはなされていますが、大きな支出なしでは、平凡にせよそうでないにせよ(済ませられません)。
しかし、毎晩触れるかもしれないMundex Arena(※1)を取り囲むVoidであるオブリビオンへのアクセスは、比較すれば子供の遊びでした。

エセリウスからVoidに洗い流されたCreatiaをCultivatingすることは、石の間の規則となりました。

デイドラの領域は、だいたい同じ原則で形成されました。padomaic powers(※2)は彼らのvoid-territoriesを建設するためにaetherialなゴミを使っています。
ムンダスに造られたタワーは、彼らの周りの土地が神の不在の中で凝固されたため、Lords of Misrule(※3)の気まぐれに合わせることができませんでした。

時々。

エルフは分かれていきました。アルトマーのように、「アヌイエルの意思」を主張するために最善を尽くし、 Conventionの蛹を受け入れました。他は、チャイマーのように、全ての秩序とエイドラの物差しに異議を唱えて、「石ではない石」とした彼らの預言者に続きました。最も不届きな塔、Walk-Brass(※4)は、更に多くの異議を唱えて、反創造に異議を唱えました。but we shall come to its role in the present danger to Emperor Actual in a moment. It is but a lesser pawn to the greater evil:

白金の塔、その石はChim-el Adabal、王者のアミュレット、その主は帰ってきます。私は勿論アイレイドのことを話しています。「時々」は十分ではありませんでした。



【補足など】
・ちょっと意味がわかりにくい。「Facts and Opinions from the Nu-Hatta Intercept」のほうに、言い変えたようなものが載っている。
_人人人人人人人人人人人人人人_
> アカトシュの船(宇宙船) <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄
ファッ!?

※1
Mundex Arena:ムンダス?アリーナ?アリーナはタムリエルの別名(?)。

※2
padomaic powers:パドメイの力?

※3
Lords of Misrule:???

※4
Walk-Brass:真鍮の塔、ヌミディウム。


●「Facts and Opinions from the Nu-Hatta Intercept」の個人的な訳(直訳、正確さは不明)
※最初のほうは省略。

Ur-Tower、アダマンチン、ディレニの塔

アカトシュはムンダスに戻って、aurbic timeの外でエイドラの会合を知らせました。アカトシュの船(宇宙船)はearth(※1)に深く埋まり、会合の結果について精神に警告しました。この船はAda-mantia、Ur-Towerで、Zero Stoneを含有していました。この会合はConventionと呼ばれました。

全ての塔には石があります。Conventionの「impossipoint」は最初でしたが、Zero Stoneと呼ばれました。First Stoneはロルカーンの心臓です。

エルノフェイの言葉で、"Aad semblio impera, dela can carpio semblex"は、"as in the image of the kings become the hearts of their shadows" と "the shadows in kingly hearts are images of as"を意味します。「As」は原初の言葉です。

Conventionの結果は、精霊が星から離れることでした。ムンダスにはこの時点で、2番目の塔、世界の心臓(ロルカーンの心臓)を持つレッドマウンテンが与えられました。

時間は連続的な道を辿りはじめました。留まった後の精霊は彼らの神性を諦めました。

これらの出来事の立会人(アルドマー)は、多くの塔を建てました。White-Gold(白金の塔)、Crystal-like-Law(クリスタルタワー)、Orichalc(?)、Green-Sap(ファリネスティ?)、Walk-Brass(ヌミディウム)、Snow Throat(世界の喉)、等々(※2)。この時点で、オブリビオンはまずムンダスに悩まされました。




全ての塔は、最初の塔、Ur-Towerの力をコピーする試みでした。 創造は最初の石を通して広がりました。
レッドマウンテンとロルカーンの心臓は、ムンダスが神がそこにいなくても存在することを可能にしました。ムンダスはそれ自身の特別な神性を与えられました。

再び我々は大部分の神々はConventionの後にムンダスを離れたことを学びます。最初のアルドマーは劣った精霊の中で最も強力でした。Conventionの後、彼らは多くの塔を建て始めました。

エルフ達は文化的差異に基づいてグループに分かれ始めました。これはアルドメリスの崩壊と見做されました。我々はアルドメリスの実際の土地や大陸が決して無かったことを学びます。「オールドエルノフェイ」はまさに全てのエルフがかつて共有した信仰と理想の混合でした。初期の歴史家は間違っています。全ての定命の生命はタムリエルで始まりました。




全ての石はZero Stoneをコピーするための魔法的で物理的な試みです。これらは塔が創造を形作るためにエネルギーを集中させることを可能にします。何度も石はオブリビオンから借り、塔にパワーを加えました。塔の建築家は、エセリウスを利用する試みでそれをバイパスするのが難しいので、オブリビオンから「取って」きました。それは終わりましたが、コストが高かったのです。比較してみると、オブリビオンのパワーを利用するほうが遥かに簡単です。

石はエセリウスからVoidに入った「creatia」を集めました。

デイドラの領域は、エセリウスから余剰エネルギーを使ってそれぞれの領域を作るのと同じ方法で形成されました。オブリビオンの領域は、ムンダスの塔よりも「気まぐれ」です。...時々!

アルトマーは、「アヌイエルの意思」(Order?)をエミュレートするのに疲れました。チャイマーは、エイドラの秩序と物差しに対して反抗し、Veloth(※3)に従った。to Red Mountain to “the Stone that is not a Stone that is” [Heart of Lorkhan]. 
最悪の塔、Walk-Brassは創造を越えて反創造に至りました。ヌミディウムは皇帝(帝国)に対する脅威をもっていますが、それは大きな悪の小さな部分です。

白金の塔には、Chim-el Adabalと呼ばれた石があります、AKA 王者のアミュレットです。 Chim-el Adabalは、「high royaltyの精神の石」と訳されます。その主はアイレイドでした。彼らが帰っていることを忘れないでください!


白金の塔

白金の塔は、Constructionの効果を逆転させるために作られた、creatiaの導管です。その目的は、神に再到達することです/でした。(※4)

塔は、アイレイド(ハートランドのハイエルフ)によって作られました。彼らはアルトマーとは違った方向へ行きました。アルトマーは、dracochrysalis(時間の繭?)か、 “keeping elder magic bound before it could change into something lesser”に焦点を当てました。

アイレイドは、デイドラプリンスとの協定に入ることによって、オブリビオンからの余ったcreatiaを収穫しました。 

注:全てのアイレイドがこの努力に関心を持ったわけではありません。幾らかは、 creatiaの魔法的な耕作よりも土地の農業へ、より関心を示しました。

***

全ての塔は「創造の形」をとっています。赤い塔は火山で周りを囲んでいます。雪の喉は山であり、その頂点は半分しかありません。(たぶん、複数の次元に存在します。)

Walk Brassは、walks about and takes on characteristics of a living entity, most of the time.

アイレイドが白金の塔に中央尖塔を加えたにも関わらず、全体の構造はWheel(※5)に似ています。中央の塔の周りに輪を形成する小さな8つの塔があります。このデザインは白金の塔に、他のどの塔とも違うcreatiaのパワーを与えました/与えます。これはNu-Hattaが話す帝国の脅威です!

「アイレイドは、運命の紡ぎ車の中に自身のWheelを作りました」(※6)。


【補足など】
※1
earth:地球ではないだろう。普通に考えるとニルン。

※2
Orichalc(?):ヨクーダにあったらしい。
Green-Sap(ファリネスティ?):ファリネスティはヴァレンウッドにある歩く樹木の街。『帝国へのポケットガイド 第3版』によると、第3紀後期以降は根付いて移動しなくなった模様。未プレイゆえ自分で確認したわけではないが、TESO時点では行方不明らしいと聞いた。

※3
Veloth:ヴェロシ。チャイマーを連れてレスデイン(Resdayn。モロウィンドのこと)に渡った預言者。

※4
白金の塔の機能は「神への再到達」。セプティム朝の歴代皇帝が、 Chim-el Adabalの嵌った王者のアミュレットを身につけ、ドラゴンファイアを灯し続けたことと何か関係があるんだろうか?

※5
Wheel:Wheelと聞くと、どうしてもthe Wheel、『ドラゴンボーンの書』で「運命の紡ぎ車」と訳された超重要なソレを思い浮かべてしまう。ここではただのWheelっぽい。ただ、最後の文を読む限り、とても重要そうだ。

※6
中央の尖塔を中心にして輪に見立てると言っても、外壁には6本しかなく、2本足りない。アルケイン大学と波止場地区の塔(1本ずつ)をカウントするのか?Wheel…?
白金の塔はタムリエルの中央、シロディールのド真ん中にある。タムリエルの中央にこの塔があること、そしてその中央に「運命の紡ぎ車の中の自身のWheel」を作ったことの意味は…。

●疑問:世界の喉の石は一体何だったのか?
インペリアルライブラリの2013年の記事(「Michael Kirkbride - IRC Q&A Sessions」)の時点で、雪の塔の石が「洞窟」だと言われている。なおTES5の発売年は2011年。
洞窟の中にそれっぽいものなんかあったか?

真鍮の塔の石も、赤い塔の石も、白い塔の石も、すべて神絡みの存在。となれば、「洞窟」も神絡みの存在なんだろう。(他の塔にも当てはまるかわからないので、違うかもしれない。)


※スカイリムの中でエルフが関わってるもの。
・マグナスの目:インペリアルライブラリの「KINMUNE」によれば、ドゥーマー製のprismatic networkとKINMUNEがアレコレした結果らしい。『人類の誕生以前』によると、ネディックが移住したのが神話紀後期なので、それより前に作られたか。
・ダークフォール洞窟:スノーエルフ。騎士司祭ギレボルによると、「礼拝所が作られたのは、第一紀の始め」。(※1)
・忘れられた谷:スノーエルフ。ダークフォール洞窟が第一紀ならこちらも同様か?
・ブラックリーチ:ドゥーマー。洞窟っぽくはある。雪の塔で使う星霜の書(竜)、シャウトを当てるとドラゴンがでてくる球。魂石の鉱脈。エセリウムの鉱床。(※2)
・各地のドゥーマー遺跡(マルカルス含む):ドゥーマー。


○疑問:アルドマーからスノーエルフへの分化は本当に塔の建設が関係しているのか?
すべてのエルフが塔の建設と関わったわけじゃないのか。
マオーマー(ピアンドニアのエルフでアルドマーから分かれた)が塔を持っているという話は聞かないし、オーシマー(オーク)も塔を持っていない。レッドマウンテンもチャイマーが作ったわけではない。

赤い塔やAda-Mantiaのように神由来の塔もある。世界の喉はそれに当てはまらない?
「Nu-Mantia Intercept, Letter #4」によると、アルドマー(から分化したエルフ)が建設した塔の中にSnow Throatがある。スノーエルフとは書いていないが、エルフ由来で確定か。


○疑問:マグナスの目は石か?
サルモールがLandfallを起こしたいなら雪の塔の石を狙ってくるのは説得力がある。しかしアンカノの行動からはそういう印象を受けない。マグナスの目を破壊するのではなく、マグナスの目から力を引き出そうとしていたように見える。
「KINMUNE」によればドゥーマー製だったものにKINMUNEが封印された後、第4紀のあの姿になったようなので、やっぱり違うのか。

また、エセリウスから直接パワーを持ってくるのが困難という理由で、エセリウスからオブリビオンに洗い流されたパワーを利用したのが石の共通項であれば、エセリウスから直接持って来てるかのようなマグナスの目は当てはまらないように思える。(直接持って来れるならオブリビオンから持ってくる必要はない。)


○疑問:アンダーフォージは石か?
少なくとも「洞窟」の形はしている。その由来に関してはこのような台詞・記述あり。

『帰還の歌 第7章』には、「囚人達は翼をもつ巨人を恐れているようで、彼らのお喋りからジョルバスクルの兵士達は巨人がエルフよりも長寿だと分かった。母石からそれを頑丈に作った人達については何も分からないが、ニルンとほとんど同じくらい古い魔法を引き出すと知られていた。ロルカーンを打ち砕く前にムンダスに楽園を与える神の尽力の名残だ。」とある。

ただ、気になるのは、塔を建てることとアルドマーからの分化が関係していること。
(参考:インペリアルライブラリの「Nu-Mantia Intercept, Letter #4」と「#5」。『人類の誕生以前』によれば、時期は神話紀中期らしい。)
だからアンダーフォージを石だと仮定すると、そこをスノーエルフが避けているのはおかしい。


○疑問:或いは、洞窟そのものではなく何らかの比喩なのか?
洞窟で比喩とくれば、思いつくのはプラトンのアレ。こちらは全く想像がつかない。


・全ての石は神に関係する物か?
・スノーエルフは塔の建設を理由としてアルドマーから分化したのか?→不明だが雪の塔はエルフ由来。
・雪の塔がエルフ由来でなく神由来である可能性は?→なし。
・「洞窟」は比喩なのかそうでないのか?
このへんはっきりしないと絞り込めない。


※1


※2
『カトリアの日記』より。
「3-エセリウムの最も主要な供給源。もっと深い鉱床から掘り出した?」とある。「3」はラルドサール。ラルドサールはブラックリーチと繋がっている。「もっと深い鉱床」とは恐らくブラックリーチ。

また、『エセリウム戦争』には、「ハラルド王の治世の後、ドゥーマーは自分たちが掘った最も深い穴の中で、相当量のエセリウムの供給源を発見した。」ともある。
ハラルド王は、イスグラモルから13代目にあたる人物で、第1紀113年~221年まで生きた。第1紀143年にスカイリムから(地下にいる者を除く)エルフを追い払った。


PR