忍者ブログ

ブログ内検索

プロフィール

↓お願いや注意事項はこちら。
※プロフィール詳細

今月の投稿日

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カウンタ





Skyrim:フォースウォーンの陰謀~誰も逃げられない

スカイリムのクエスト「フォースウォーンの陰謀」と「誰も逃げられない」に関する内容。
(※当記事には個人的な解釈が含まれます。ロールプレイングを楽しむために書かれたものです。)


PC版では、初のマダナック始末ルートにいってみた。
今までは、解放ルートに進んで無実の罪で投獄されたNPCに腐敗した衛兵達への報復をさせたあと、一行がマルカルスを出るまでに全員転がすという選択をしてきた。(一人でも一般人NPCに被害が及んだらリセット)。それが無実のNPCへのせめてもの慰めだと思った。
そして主人公はリーチメンの明らかな敵になる。ウルフリックは王殺しの悪党と帝国側の要塞の人間から罵られるが、主人公もこれでマダナック王殺しの悪党だ。

この一連のクエストはどちらを支持するのが正解なのか。未だにその答えは出ない。(いや正解なんか無いだろうというのは置いといて。)
スカイリムを実質的に統治しているのはノルドだという理由(理由1)と、そして帝国も彼らを国として認める様子がないという理由(理由2)で、私はいつもノルド側を支持した。
何かもっと大きな、フォースウォーンを支持しないとまずい理由でもあれば別だが、見つからなかった。

※理由1
シロディールには多数の種族が生活しているが、シロディールを誰が統治しているかと言えばインペリアルだ。それと同じ。

※理由2
どの勢力がリーチメンの国を認めてくれるのか。
ゲーム本編後にスカイリム地方を支配するのは、ストームクロークと帝国(帝国の場合は再統一なので元に戻るだけ)のどちらか。ストームクロークはまず無理。では帝国はどうか。
個人的には、帝国もリーチメンの国を認めることはしないだろうと予想。

以下がリーチの支配権を巡る流れとなる(参考:UESPのReachmenのページ)。

第2紀852年。
ヒャルティ・アーリービアードとスカイリムのノルド達がオールドフロルダンの戦いでリーチメンを破り、マルカルスとリーチ地方をノルドが占領した。その間、帝国はリーチメンを反抗的で無法な雑種(雑種?)だというプロパガンダを行った。

第4紀174年。
リーチメンは後に「フォースウォーンの反乱」として知られる反乱を起こした。これは帝国軍が大戦の対応のために不在になった隙を突いて行われた。リーチメンによる比較的平和な統治が2年間続き、その後で、リーチメンは帝国に対して(国としての)承認を求めた。

第4紀176年。
帝国は大戦のせいで、リーチを奪還するために派遣できる軍隊がいなかった。
ウルフリック・ストームクロークは、タロス崇拝の合法化を条件として帝国と取引を行い、市民軍を率いてマルカルスをリーチメンから奪還した。

リーチメンが承認を求めた後も、帝国は軍隊を使ってリーチを奪還する気であったことから、帝国はリーチメンの国を正当な王国として認める気はなかったように解釈できる。
ここから察するに、帝国を支持してもマルカルスとリーチ地方の支配権がノルドからリーチメンに移ることはないように思える。


※ゲーム内書籍『スカイリムの要塞』には、「このスカイリムの危険な場所がリーチに存在する反乱分子、フォースウォーンの本拠地だという事に注意するように。彼らは土地勘があり、帝国軍を敵と見なし、何の前触れもなく攻撃してくる可能性がある。」という記述あり。
(この本にはストームクロークに関する記述がある。蜂起以降に書かれたものか。蜂起は第4紀201年。)
つまりマルカルス事件の後、ゲーム開始時点(第4紀201年)においても、帝国はフォースウォーンを反乱分子としか見なしていない


PR

続きを読む。

Skyrim:ウィンドヘルムの話

ウィンドヘルムは「ノルド←→他種族」の構図であるとか、ノルド以外は何も悪くなくてノルドが一方的に悪いという主張が少なくないために書いた記事の1つ。

(※当記事には個人的な解釈が含まれます。ロールプレイングを楽しむために書かれたものです。)


続きを読む。

Skyrim:メインクエ「終わりなき季節」でウルフリックが領土の話をすることについて

テュリウス将軍には領土の話をする気はなかったが、ウルフリック首長が要求してきたからテュリウス将軍はそれに応じただけだ、という主張に対して。

領土の話は、ホワイトランをストームクローク・帝国のどちらが抑えているかによって切り出す人物が変わる
内戦にノータッチの場合はホワイトランは帝国側に区分されるので、ウルフリック首長から要求を始めるが、ホワイトランがストームクロークの支配下にある場合はテュリウス将軍が先に要求する。
要するに、スカイリムにおける勢力範囲が小さい勢力が先に領土の話をする

(※『TES5: Skyrim』はフィクションです。実在の人物・団体・事件等には一切関係ありません。また、当記事の内容はゲームの世界観をより深く考え、ロールプレイングをより楽しむために書かれたものです。)



※参考動画
上記の内容を確認するためだけにプレイしたくないという人のために、証拠が映っている動画を紹介したい。
06:32でアーンゲール師が「どちらから始める?」という旨のことを話す。
06:34からテュリウス将軍の発言が始まり、リフテンを要求している。
(この動画ではバルグルーフ首長が出席せず、代わりに主人公の右横にヴィグナー首長が座っている=ホワイトランがストームクロークの支配下にある証拠。)


主人公やグレイビアードに立場があるように、ウルフリック首長やテュリウス将軍にもそれぞれ異なった立場があり、それに基づいて発言しているだけのこと。
それぞれの立場に立って発言することは、特に珍しい話ではなく、それ自体は批判されるべき話ではない。


続きを読む。