忍者ブログ

ブログ内検索

プロフィール

↓お願いや注意事項はこちら。
※プロフィール詳細

今月の投稿日

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カウンタ





Skyrim:調べたことのメモ

2016年始にPC版購入してロアに興味を持ってから調べてる最中のメモ。
CS版の時は、ゲーム内のことくらいしか興味持ってなかった。
不正確な解釈があるかもしれない。興味を持ったのが遅いので、他所に比べて遅れてるかもしれない。でも、自分で調べる楽しみを失いたくない。
6/17の記事が長くなりすぎたので分離させたもの。いつものことだが自分用。

内容。
①存在がわかっている塔の名前と場所、石の名前について調べたメモ。
②塔に関する資料、「Nu-Mantia Intercept, Letter #5」の個人的な訳。
③石に関する資料、「Nu-Mantia Intercept, Letter #7」の個人的な訳。
④「Nu-Mantia Intercept」に関する記述、「Facts and Opinions from the Nu-Hatta Intercept」の個人的な訳。
⑤疑問:世界の喉の石は一体何だったのか?(答えはわからない)


(※当記事には個人的な解釈が含まれます。)


PR

続きを読む。

Skyrim:ストームクロークルートその後

クエストMOD「Blood of the Nord」をプレイ。
※撮ったSSを貼りたいだけ。でも一応ネタバレ注意と書いておく。



(※当記事の内容は個人的な解釈であり、ロールプレイングを楽しむために書かれたものです。)

続きを読む。

Skyrim:PC版で帝国軍ルート

ストームクロークルートは一通り終わったので、今回はCS版での初期のプレイ以来となる帝国ルートを選ぶ。
バルグルーフ首長に仕え、彼と彼の領地でもあり自宅もあるホワイトランを防衛したら、リッケ特使に目を付けられて入隊する羽目になったとかそんな感じで。
「皇帝ばんざ~い(適当) 帝国ばんざ~い(適当)」


せっかくなので、DLしたまま導入していなかった帝国軍装備リプレイスMOD「Perfect Legionnaire」を導入。
装備だけで選ぶなら絶対帝国軍!と言えるほどかっこよくなる。nexusに載ってる、スクトゥムを構えたフルフェイスの帝国兵が向かってくるSSがかっこよすぎる。


主人公にも着せてみた。

※ホスさんに斬りかかろうとしているわけではありません。


こちらは普段の装備。



武器は「The Godswords of Gielinor (Runescape)」。
防具は「Dragonbone Barbarian Armors」。
マントは「Colorful Magic」のトールから取得できる物。

どの装備もかっこよくて大好き。


(※当記事には個人的な解釈が含まれます。ロールプレイングを楽しむために書かれたものです。)


続きを読む。

Skyrim:雑記的なメモ②

2016年始にPC版購入してロアに興味を持ってから調べてる最中のメモ。
CS版の時は、ゲーム内のことくらいしか興味持ってなかった。
不正確な解釈があるかもしれない。興味を持ったのが遅いので、他所に比べて遅れてるかもしれない。でも、自分で調べる楽しみを失いたくない。
塔と石に関して調べたことのメモは別の記事に分離。いつものことだが自分用。日付は最初に書いた日。


(※当記事には個人的な解釈が含まれます。ロールプレイングを楽しむために書かれたものです。)

前置きここまで。

続きを読む。

Skyrim:PC版でストームクロークルート

●ホワイトランの戦い

どちらの言い分も尤もであり、どちらかだけが間違っているとは言い難い。むしろ、両方正しいのかもしれない。そのどちらも正しい状態を白金協定が裂いたというわけだ。そしてノルドはどちらか一方を選ばざるを得なくなった。

毎度のことながら、バルグルーフ首長にご退場願うのは辛い。しかし個人的には定命の世界が終わって欲しくないので、タロス信仰は守らねばならない。
(参考:インペリアルライブラリの「What appears to be an Altmeri commentary on Talos」、「Nu-Mantia Intercept」。)
白金協定がある限り、サルモールは帝国領内に入ってタロス信仰の取り締まりができる。タロス信仰を守るには、白金協定の影響範囲から出る必要がある。現状では、それは帝国からの独立。


(※当記事には個人的な解釈が含まれます。ロールプレイングを楽しむために書かれたものです。)

続きを読む。