忍者ブログ

ブログ内検索

お知らせ

↓注意書きはこちら。
※注意書き・ほか

今月の投稿日

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カウンタ





Skyrim:クエストMOD「Blood of the Nord」をプレイ

撮ったSSを貼りたいだけ。でも一応ネタバレ注意と書いておく。


(※当記事の内容は個人的な解釈であり、ロールプレイングを楽しむために書かれたものです。)

主人公は誰で、どこの所属で、何を目的としているのか。


このMODで追加されたNPCはどの人物も魅力的。
特に魅力を感じたのは、画像のフロールヴルとオーク男性の2人。フロールヴルは顔立ちからわかる通り、ブレトンの血を引いている。そんな彼がストームクローク将校をしている理由は、聞いてみればなるほどと思えるもの。彼のような存在がバニラにもいればよかったのに。

オーク男性は、とある仕事で関わることになるNPC。
最後の戦いには、普段使っている両手剣の代わりにオーク男性の戦槌を持って行き、彼の分まで戦った。もしウースラドを持っていれば大活躍しただろう。しかしそれでも彼の戦槌を使っただろう。
(同胞団クエストを初めてプレイした時、スコールの死を切欠に彼のダガーを拾って剣盾スタイル→2刀流に切り替えたのを思い出した。こういう「継ぐ」行為、個人的にはRP上欠かせない。)

最後の戦いには、これまでにプレイヤーがしてきた選択の結果が表れる。


サルモールはかなりの数を送りこんでくる。




それを協力して迎え撃つ。



自分でストームクロークを選んでそのルートに進んだのなら、プレイして間違いはない。そう思える素晴らしいMODだった。
作者様、翻訳者様に感謝を。




PR