忍者ブログ

ブログ内検索

お知らせ

↓注意書きはこちら。
※注意書き・ほか

今月の投稿日

01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カウンタ





SIMS4:Parenthood 2


甥っ子のタナーと一緒にギークコンに行くレオ。歳の離れた兄弟にしか見えない。

※使用させて頂いた全てのMOD・CCの制作者様に感謝を。




家をちょっと改装した。

元の家はギャラリーからDLさせて頂いた家。元の家、プレイする際に視点をぐりぐり回さなくてもいい作りになっていてとても素晴らしい。


2階を増築したはいいがデザインが確定せず、何度か作り直した末にこうなった。
広めのガーデニングスペースと運動用スペースを確保しつつ、屋根で覆う。


室内。階段上ってすぐの部屋は家族の共用スペース。あんまり物を置きたくなかったので最低限のオブジェクトのみ。
そして画像の左側に、

(画像)
レオの部屋、子供シム達の部屋を。
最初は2階を子供シムだけの空間にする予定だったが、親シムを3人とも1階に寝かせてしまうと子供シムが寂しくなるんじゃないかと想像力を働かせた結果。
1階は殆ど変わってないので省略する。


Parenthood続き。前回からしばらく後。

世帯のシムが1人増えた。

幼児シムはやっぱりかわいい。あと、兄にあたるタナー(茶髪のほう)がよく面倒を見ているのが微笑ましくて良い。
タナーの「育ち」は、責任感≒マナー>協調性>>思いやり>感情コントロールだったが、新しい子シム(金髪のほう)が幼児に成長してから「思いやり」がぐんぐん上がっていた。偶然かそれともそういうものなのか。どちらにせよ、見てる側としてはタナーが兄としての自覚に目覚めた感じに見えてとても良い。

この世帯、
最初は兄シム(兄)とレオ(弟)で萌え、
次はレオ(叔父)とタナー(甥)で萌え、
今度はタナー(兄)とレナード(弟)で萌える世帯になっている。



そんで成長。


どっちもかわいい。



レオは近所の子とも仲よさげ。子供好きな近所のお兄さんといった感じ。


PR