忍者ブログ

ブログ内検索

プロフィール

↓お願いや注意事項はこちら。
※プロフィール詳細

今月の投稿日

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カウンタ





Civ5:VP+TESCiv5Packの創造主に挑戦 第二回

文化勝利を設定で禁止して科学勝利を狙う。

・使用文明:アステカ
・難易度:創造主
・VPのバージョン:1.12.14
・TESCiv5Packのバージョン:1.0
・併用している文明MOD:「JFD's The Empire of Germany (○○○○○○) (v 9)」、「Donald Trump's Great America (v 3)」
・マップ:Communitas(大)
・その他:伝説的な開始場所、イベントあり(有害イベントなし)


…そのつもりだったんだけど。
プレイレポを書く気力がなくなったので、SSだけ貼っておく。
プレイ時期は12月か1月のどっちかだったと思う。


PR

続きを読む。

Civ5:VP+TESCiv5Packの創造主に挑戦 第一回の続き

前回の続き。(前回はこちら。
前回は、サマーセット島あらためアルドメリ自治領が帝国に宣戦したところまで。




続きを読む。

Civ5:VP+TESCiv5Packの創造主に挑戦 第一回

「Vox Populi」と「The Elder Scrolls Civilization V Pack」を組み合わせてプレイ。
初プレイなので、変わったことはせずいつも通りに。内容は特に無いよう。


・使用文明:サマーセット島
・AI文明:エルスウェーア、シロディール、スカイリム、ハイロック、ハンマーフェル、ヴァレンウッド、ブラックマーシュ、モロウィンド
・難易度:創造主
・VPのバージョン:1.12.14
・TESCiv5Packのバージョン:1.0
・マップ:Communitas(普)
・その他:伝説的な開始場所、イベントあり(有害イベントなし)

今回出てくるすべての文明の一覧はこちら。

※クリックで拡大。


続きを読む。

Civ5:「The Elder Scrolls Civilization V Pack」を体験

以前から存在は知っていたがDLはしていなかったMOD「The Elder Scrolls Civilization V Pack」を始めてみようと思う。
(タムリエルMAPが追加される「The Elder Scrolls Civilization V Map Pack」も一緒にDL。)
MOD制作者様と翻訳者様に最大限の感謝を!


※本格的なプレイは次回から。今回は気になったこと、気づいたことが中心。


Vox Populiと共存可能なのは驚いた。システムやテクノロジーツリーはVPで、タムリエルの文明や都市国家、ユニットが追加された感じになってる。"天体の合"っぽい雰囲気。



こちら、エルフ勢力の一覧。

UUがドロモンと同程度の性能で特殊な昇進などは無し。
UBは最初から傑作が収蔵されてる宮殿。
UAは、黄金時代の間は観光力が2倍になるのと、海軍ユニットの移動力+2。

おかしい、アルトマーは人間種や他のエルフに対して優位性が云々(略)
せめてUUがもう少し先の時代のユニットならば…。

続きを読む。

Civ5:VP(旧CBP)の創造主に挑戦 その3

太古時代から戦争して制覇勝利を目指す。

※これまでの流れ。
制覇狙いで進めている最中、科学力最下位の文明が他文明に2時代差をつける(プレイヤーは科学力トップ)。気持ちが萎える。

諦めきれない。
時代が進むにつれAI文明が強化されるなら、ブーストがかかる前に攻略すればいい。
都市数ペナルティを少なくするために、破壊できる都市は全て破壊する。

一度走り出したら止まらない蛮族スタイルを実験(中世~)。

更に尖らせて太古時代から戦争するスタイルへ。 ←今ここ。

・難易度:創造主
・VPバージョン:1.9.30
・マップ:パンゲア(普)
・その他:伝説的な開始場所、イベントあり(有害イベントなし)


 
今回はケルト文明を選択。


UAにある通り、ケルト文明のパンテオンは通常と違い、専用のものから選ぶ形になっている。
ケルト文明専用ということは、他の文明が通常のパンテオンを採っていて余り物から選ばなくてはならないような時期でも、このリストから好きなものを選べるということだろうか。もちろんプレイヤー以外にケルト文明を使っているAIがいなければの話。

パンテオンだからか強力すぎるものは無いが、どれもなかなかの性能。
多都市運営には「王権の女神リアンノン」、戦争するなら「戦の女神モリガン」、食料が欲しいなら「眠れる守護者ブラン」など、方針によって使い分けることができるようだ。

太古から戦争をするので「戦の女神モリガン」を選ぶ手もあるが、今回は社会制度「伝統」と「権威」のハイブリッドで進める予定なので、パンテオンは「馬の神エポナ」を選ぶ。
これは「伝統」と「権威」の制度とのシナジーを期待した結果。

・「伝統」右上の「」:国境の拡張速度+25%。
・「権威」左上の「貢物」:国境が拡張するたび、食料30、ゴールド30を獲得(時代で増加)。
・「馬の神エポナ」:国境が拡張するたび、科学力15、文化力20、食料20を獲得(時代で増加)。

確認したところ、結構もりもり増える。


続きを読む。